FC2ブログ
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-09-14 (Tue)
5月からの映画や舞台について、ちょっと纏めておこうかな。
あくまで自分のためのメモなので、感想とは程遠いものになってます;;

『55ステップス』
5月20日(木)、夜香さんと劇団四季のミュージカルを見てきました。
ずっと見たかった、宝石箱のようなミュージカル♪
『コーラスライン』で活躍している斎藤洋一郎くんとは双子の、斎藤准一郎くんが出演してます。
いろんなミュージカルの名場面をピックアップして見せてくれる、楽しくて夢がいっぱいの時間でした。
【川口リリアホール】

『踊る大捜査線3』
7月14日(水)、レディースデイに銀座で久しぶりの映画!
このシリーズはずっと見てるし、かなり楽しみにしてたんだけど…。
うーん、やっぱり和久(いかりや)さんの抜けた穴は大きいのか?
面白くない訳じゃないけど、何かが足りない!何かが違う!そんな感じでした。
【TOHOシネマズ(有楽町マリオン)】

『“Scene” ~君と僕の見ている風景~』
9月3日(金) 国立競技場で嵐のコンサートに初参戦♪
詳しい感想はここでは書きませんが、初アイドルコン、最高でした!
【国立霞ヶ丘競技場】

『タンブリング』
9月10日(金)、赤坂で夜香さんと舞台を見てきました。
TBSでやっていたドラマ『タンブリング』。
今回はドラマに出演していた大東俊介くんを主役に、5年後を描いたものです。
TVドラマのメンバーでは大東くんと眼鏡のタモト清嵐くんだけが出演。
周りはたぶん、大東くんを始めとする若手イケメンくんたちを見に来てるんだろうけど…。
私たちはアクサルの吉谷光太郎氏が脚本を手がけるということで、チケット取りました。
会場広しといえど、そんな観客はきっと私たちだけだよね?
だってこんなメジャーな舞台の脚本!応援しに行かなければ!ってことで。
舞台は新体操の迫力ある演技アリ、ダンスシーンあり!でなかなか見応えたっぷり!
席も前の方ですごく良かったし、なかなか楽しい時間でした。
【赤坂ACTシアター】


サイトに拍手やメッセージをありがとうございます。
お返事が遅くなり、申し訳ありませんが、纏めてお返事いたしますねv

>> ReadMore
スポンサーサイト
| 映画&舞台 | COM(0) |
2010-05-08 (Sat)
3月、4月に観た映画について、今さらだけど覚書として書いておきます。
結局話題のアバターは観ることなく終わったけど(まだ一部では上映中)、
そのうちDVDを借りて観たいなあ。
ブルーレイだと3Dじゃなくてもかなり綺麗らしいし。

『ライアーゲーム』
3月13日(土)、ぽかっと空いた土曜日の午後、一人で地元の映画館へ。
原作の漫画は途中までは読んだし、テレビドラマも新しいのは結構見てたし、
なので映画も非常に楽しめました。
お馴染みのメンバー以外も、ひと癖もふた癖もありそうな参加者たち。
誰もが怪しく、誰もが嘘をついてそうな…。なおちゃん以外は(笑)
でもラストはスッキリと納得のいく終わり方だったように感じました。
ちょっとキレイ過ぎるきもしたけど、でも私としては嫌いじゃないな。
それにしても、松田翔太と戸田恵梨香の組み合わせは結構好き♪
映画のあと、もちろん見てなかった最初のDVDシリーズを借りましたとも。
【シネプレックス幕張】

『シャーロックホームズ』
3月21日(日)、いつものメンバーで有楽町集合。
予告ではちょこちょこ見てたし、
今まで自分の中のホームズ&ワトソンのイメージが、見事覆されました!!
私の中の正統派ホームズとワトソンと言えば、かつてNHKで放送されていたドラマ。
あっ、犬のホームズじゃありません。(これもかなり有名みたいですが)
英国紳士然とした知性的なホームズと、あんまり特徴のないお医者さまワトソン。
でもロバート・ダウニー・Jr演じるホームズには、驚きの連続でした。
「ロッキー?」って思ったくらいマッチョな武道家なんです。
まあ、原作でも武術の達人らしいのですが、NHKドラマのイメージが強くて…。
とにかく格闘家で生活破綻者で、超困ったちゃんなのです。
対するジュード・ロウのワトソン博士が超カッコイイんです。
ワトソンの結婚を邪魔しようとするホームズが見られるとは思わなかったし。
とにかくワトソンに依存しすぎだろ、ホームズ坊やって感じでした。
野生的かつヤンチャなホームズやイケメンのワトソン、かなり新鮮でした。
【丸の内ルーブル】

『のだめカンタービレ後編』
4月21日(水)、またまた夜香さんと銀座デート(笑)
歌舞伎座で一幕券はゲット出来なかったけど、映画だけでも大満足でした。
何たって音楽が最高!ヨーロッパの街並みやコンサートホールにうっとり~♪
のだめちゃんや清良のドレスも素敵…。
そして、もちろんラブストーリーとしてもすごく良かったです。
お遊び部分はかなり控えめで、正統派ラブストーリーに仕上がってた感じ。
ただ原作ですごく好きだった、千秋の「天使は俺か…」のセリフがなかったのが残念。
これでのだめシリーズが完結なのが寂しいなあ。
【TOHOシネマズ(有楽町マリオン)】



| 映画&舞台 | COM(0) |
2010-02-28 (Sun)
世間はオリンピックのフィギュアに沸いてますね。
真央ちゃんの銀だけじゃなく、男女とも全員が入賞ってレベルが高くて凄い!
最後のパシュートって競技もとっても面白かった。金メダル、惜しかったなあ。
たくさんの感動をありがとう。オリンピック大好きなので終わるのが寂しい;;
頑張ってる姿は、それだけで感動を呼びますね。

感動と言えば、手軽なところでは映画や舞台もありますね。
忘れないうちに今年に入ってからの映画・舞台の感想を書いておこう。
いろいろ忙しいのと財政難により(笑)、あんまり観てないのが残念!

『かいじゅうたちのいるところ』
1月16日(土)、青森に移り住んだ友人がこちらに出てくるというのに合わせ、
4人で美味しいお昼→映画→パセラでカラオケ♪のコースでした。
お昼は最高に美味しかったし、久々のパセラでのお喋りも楽しかった。
でも映画の感想は…うーん、なかなかに感想が難しい。
原作は世界的に有名な絵本ということですが、残念ながら読んだことはありません。
映画自体は少し退屈でした。全員が途中で居眠りしたのが何よりの答えかな?
子供向け映画、というよりは大人向け?何だか中途半端な印象。
【丸の内ルーブル】

『八犬伝』
2月13日(土)、久しぶりのアクサルの舞台、いつもの友人たちと4人で観劇。
原作は有名ですね。江戸時代後期に滝沢馬琴によって著された読本です。
今までにも映画やドラマや舞台に何度もなってますが、その中で昔の角川映画と、
数年前にタッキー主演でやったテレビドラマは見てますね。
男性のみの集団アクサルということで、伏姫・浜路・玉梓なども男性が演じます。
久しぶりにアクサルの得意なアクション(殺陣)・ダンスなど動きの激しい、
そして笑いありホロリと泣ける場面ありの、盛りだくさんな舞台でした。
今回、先行予約で楽日のチケットが取れなかったので、初日のみでしたが、
これならもう1回観てみたい!そう思わせてくれる楽しい時間を過ごせました。
それと、今回はゲストさんが新鮮で一生懸命で、皆とっても良かったなあ。
ただ、あの箱(劇場)なら、もうちょっとチケット代が安くても良くない?
そうすれば、頑張ってもう1回くらい観にいったかも。
【シアター代官山】

| 映画&舞台 | COM(0) |
2009-12-30 (Wed)
『のだめカンタービレ』
22日火曜日に、夜香さんと『のだめカンタービレ』を見に行ってきました。
原作もテレビドラマもアニメも大好きなこのお話、素直に楽しかったです。
漫画チックな部分と、真剣に音楽に取り組む場面とが上手く配置されてる感じ。
そして音楽好きには、いろんな名曲が良い音でたくさん聴けて幸せいっぱい。
あのマルレオケのボレロは違う意味で、聴きどころ満載ですが(笑)
そして、千秋とのだめがかなりイイ雰囲気でにまにましちゃいます。
3月(だっけ?)にやる後編が今からすごく楽しみ♪
【TOHOシネマズ(有楽町マリオン)】

 * * *

今年(2009年)の映画・観劇のリストをあげてみました。
書いておかないとすぐに忘れるんだもん;;

<映画>
2/17:『マンマ・ミーア』
3/11:『カフーを待ちわびて』
5/13:『GOEMON』
6/7:『ROOKIES 卒業』
6/20:『真夏のオリオン』
6/25:『ハゲタカ』
7/19:『エヴァンゲリオン新劇場版:破』
7/29:『アマルフィ 女神の報酬』
9/09:『サブウェイ123』
11/26:『クリスマスキャロル』
12/22:『のだめカンタービレ』

<舞台>
1/6&12:アクサル『11人いる』
2/28:劇団四季『ジーザス・クライスト=スーパースター ジャポネスク・バージョン』
3/26&29:『最遊記歌劇伝 Dead or Alive』
4/19:アクサル『バナナ・フィッシュ』
6/13:30-DELUX『ナナシ』
7/2:ラスベガス・ミラージュホテル『LOVE』
8/30:30-DELUX『リプレイス』
10/21:劇団新感線『蛮幽鬼』
12/15:劇団四季『コーラスライン』

こうしてみると、映画は断然邦画が多かったですね。
見るつもりでいたのに見逃した映画も結構多かったなあ。
来年もみたい映画が目白押し。幾つ見られるかな?

舞台は11回…うん、頑張ったなあ。
それに、なかなか充実した舞台が多かったし。『蛮幽鬼』は豪華だった!
ラスベガスで見たビートルズの曲で綴られたショー『LOVE』と、
こないだ見に行った『コーラスライン』みたいなミュージカルはやっぱり好き!
来年もアクサルや新感線や四季の舞台、見にいけたらいいなv
| 映画&舞台 | COM(0) |
2009-12-19 (Sat)
15日火曜日、仕事を早退して『コーラスライン』を見て来ました。
劇団四季のミュージカル、当日券があるのを確認して思い切って一人で!
確か20年ほど前、映画『コーラスライン』のテレビ放映を見て、
いつかこの舞台を見てみたい!と強く思ったものです。
映画は一人でも見に行くけれど、舞台をしかも当日券でというのは
私にとっては初の冒険?大袈裟だけどそんな感じでした。
でも、本当に行って良かった!幸せの余韻が今も残ってます。
四季の舞台はたったの3回目だったけど、その中でもこれが一番好き!

衣装や舞台装置はいたってシンプル、華やかさはないかもしれないけれど、
とにかく曲(歌)とダンスだけでお腹いっぱいになれます。
ベテランから若手まで、それぞれが自分の人生と重ねるように、
「この舞台で踊りたい!」という意思が伝わって来る、熱いステージでした。

特にマイク役の斎藤洋一郎くんは、アクサル時代に何度か舞台で見てるけど、
大人になって(あの頃は高校生だった)四季の舞台で輝いてる姿にちょっと感動。
しなやかな細身の身体、長い手足が気持ち良く伸びて、群舞の時から目だってる。
ミュージカルなので歌声も聴けたけど、なかなか良く通るいい声でした。
双子の准一郎くんも同じく四季で活躍中なので、いつかは見れるかな?
初めて二人を見たのは、大阪に最遊記の舞台を見に行ったとき。
悟空役のダブルキャストで、双子ならではの演出もあって楽しかったなあ。
洋ちゃんったらこんなに立派になって…と、見守る母の気持ちですね(笑)

有名な「ONE」はもちろん、女性3人の「バレエ」の歌、ヴァルのコミカルな曲、
ディアナの歌、どれも懐かしく自然と口ずさめるのには驚きました。
繰り返し見たわけでもないのに、本当に心に残る曲ばかりだったんですね。
最後の全員での「ONE」のメロディーに合わせての圧巻のラインダンスまで、
休憩なしの2時間20分があっという間に過ぎた気がしました。
終わって外に出ても、歌いだしステップを踏みそうな高揚した気分のまま、
幸せをいっぱい抱えて家路につきました。
本当に大好きなミュージカル♪出来ることならもう一度見に行きたいなあ。

【自由劇場(浜松町)】

| 映画&舞台 | COM(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。